歯周病予防のためには、適した歯磨き粉が必要

歯の根元からの症状

歯ブラシを持つ医師

多くの人が、悩みの種となっているのが、歯周病の問題です。
歯周病は、通常の歯磨きでは届かない、歯と歯茎の間の僅かなすき間に虫歯菌が侵入する事で現れる疾患です。
すき間は歯周ポケットといい、この歯周ポケットに食べ物のカスが挟まることで、虫歯菌が繁殖して歯周病が現れてしまうのです。
歯周病となると、歯を支える歯の根元から虫歯菌に侵されます。
そのため、ほうっておくと歯が抜け落ちてしまう危険性があります。
このような歯周病は、歯磨きを怠ってしまう事で発病しやすくなります。
歯と歯茎の間にあるプラークを除去出来なければ、プラークの中に潜む虫歯菌の作用によって歯から歯肉が剥がれ、歯周ポケットが生まれてしまいます。
日頃から歯ブラシの習慣を徹底して行っていれば、歯周病を防ぐことは難しい事ではないのです。
現在では歯磨き粉の成分も大きく変化したため、従来の歯磨き粉と比べ、プラーク除去や歯石の除去などを使う事で高い効果が期待出来ます。
適した歯磨き粉を使用することで、歯周病の予防が行えるでしょう。

歯磨き粉には、虫歯菌に対して高い殺菌作用のあるものが多く発売されています。
口の中から虫歯菌を徹底して殺菌することで、個体数を減らし、虫歯となる可能性を低減させるのです。
さらに、歯磨き粉には歯肉に起こる炎症を防ぐ効果もあるため、炎症によって歯から歯肉が剥がれ、歯周ポケットが生まれる事を防ぎます。
塩化ナトリウムが含まれる歯磨き粉も有力であり、塩の作用によって歯茎が引き締まるため、歯周病対策として高い効果をもたらすのです。

歯石の生成を阻害

歯科医

歯周病の原因の一つとなるのが、歯に出来る歯石です。歯周病対策が出来る歯磨き粉では、この歯石の生成をブロックし、歯磨きを行なうことで歯と歯茎を健康的にしてくれます。

Read more

抗炎症作用

歯ブラシ

sennyouの歯磨き粉を使って歯周病予防を行えば、虫歯菌への高い殺菌作用だけではなく、高い抗炎症作用が挙げられます。炎症を抑えるトラネキサム酸やMAGなどの成分が働くことで、炎症を抑えることができるのです。

Read more

液体状のもの

歯ブラシする女性

歯周病に効果的な歯磨き粉には、液体歯磨き粉というものも存在します液体であるため、口の中の隅々まで歯磨き粉を行き渡らせ、効果的に殺菌を行い、歯磨きが行えるのです。

Read more

バイオフィルム

歯磨きセット

歯周病対策を行なう上で、問題となるのはバイオフィルムです。バイオフィルムは歯を覆うヌメリのようなもので、中で虫歯菌が多く繁殖してしまいます。バイオフィルムを取り除く歯磨き粉を使用すれば、歯周病対策となるのです。

Read more

↑ PAGE TOP